見直しとFPへの相談

自分に万一のことがあった場合に、残された家族の生活を守ってくれるのが生命保険です。現在、生命保険に加入している場合は、そのような場面を想定して、しっかりとした保障がなされる契約内容となっているかどうかをチェックしてみることが大切です。とは言いながらも、過剰な保障内容の契約をすると、保険料の無駄使いになるので、その点にも注意する必要があります。

保険加入者の中でも、契約当時から、結婚や出産など、ライフステージの大きな変化があった人は、契約内容が現在の状況に合わないものとなってしまっているケースが多く見受けられます。そのような状態を放置すると、もしもの時に必要な保証が受けられなかったり、保険料の無駄使いになったりするリスクが高くなるので、気をつける必要があります。

加入している生命保険の見直しをすれば、保険料の支払金額は従来のままで、保障内容を充実させたり、保障内容はそのままで保険料を節約したりすることができる可能性があります。それらの目的を果たすためには、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのもおすすめの方法です。FPは、その道のプロフェッショナルとして、一人ひとりの顧客に合った保険見直しの方法を提案してくれます。