保険見直しのポイント

保険の見直しをするにあたっては、その道のプロに相談するのも良い方法ですが、そのような場合でも、自分で保険見直しのポイントを押さえておくに越したことはありません。

まず、保険見直しの際には、無保険の状態になる期間が発生しないよう、注意する必要があります。例えば、保険の見直しをした結果、従来とは別の保険会社の商品に乗り換えることを決めたとします。このような場合に、以前の保険はすでに不要で、放置すると保険料の無駄使いになるだけだと考え、さっさと解約してしまうと、新しい保険の審査に通らなかった場合、無保険期間が発生することとなります。そのような状態でもしものことが起こると、どの保険による保証も受けることができません。

そうしたリスクを回避するためには、新たな保険の保障が開始するタイミングを把握しておくことが大切です。新しい保険の保障は、健康状態の調査(診査)と初回の保険料支払いが終わった日から開始することとなります。ただし、診査で健康状態に問題があると判断された場合、保障が開始しても、保険の加入自体が拒否されてしまいます。乗り換えのタイミングを検討する場合には、その点も踏まえた上で、間違いのない判断をしたいところです。

得られるメリット

保険のプロであるファイナンシャルプランナーへの相談は、無料で行なうことができます。したがって、FPへの相談が初めてという方にも、まずは気軽にアクションを起こしてみることをおすすめします。特定の保険会社に属さないFPに相談すれば、より中立的な立場から自分に合ったプランの提案を行なってもらうことができます。

加入中の生命保険の見直しをしたいという気持ちはあるものの、保険の仕組みが難しくて理解することができない、あるいは自分の適性やニーズ、希望条件に合った見直しのしかたが分からないために、実際のアクションを起こせないでいる人は多いことでしょう。そのような問題を解決するためには、保険会社のスタッフに相談するという選択肢もあります。

ただし、こちらの方法では、セールストークや強引な営業、しつこい勧誘などを受けるリスクが生じてくることは否めない事実です。だからと言って、自分で情報収集をするのは難易度が高いというジレンマを解消するためには、複数の保険商品を取り扱う代理店のスタッフ、もしくはファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。こちらは、中立的な立場で公平なアドバイスを行なってもらいたい方におすすめの方法です。加入中の生命保険の見直しについて相談に乗ってもらいましょう。